クルーズ

 
オーナー: ランディ
 
ランディ

Crews Maniac Sound

MUSIC LAND KEY
のコラボ。

というより、KEYが
Crewsにショップオーダーした感じだろうか。

何も諦めないギター作り。
とかなんとか。

10万円程度のわりには、作りはしっかりしていて丁寧。

Crewsといえば、ディバイザーの飛鳥工場や寺田楽器に委託製造という感じだが、どちらも定評のある工場だ。

パーツはすべて国産。
(ジャックはスイッチクラフトって言ってたか)

さらに、レスポールカスタムに詳しい人ならコダワリたい部分の、
指板はエボニー。
ネックとボディはオールマホガニー。
という点が再現(年代によってはメイプルトップなのだが)されているのが嬉しい。

KTR(Key to the Rock)というシリーズで、KEYオリジナルなギターで、なんとも微妙な雰囲気なのだが、まあ、問題あるまい(笑)。

 


ブランド : Crews Maniac Sound
モデル名 : KTR LC-01
タイプ : レスポールカスタムコピー
生産国 : 日本
サウンドの特徴 : オールマホガニーにエボニー指板という仕様のとおり、レスポンスが最高に良い。 ZEMAITISの雰囲気に近いが、ZEMAITISほどネックが細くないので、下手にバカ鳴りはしない。
ボディ材 : アフリカンマホガニー
ネック材 : アフリカンマホガニー
指板材 : エボニー
ペグ : ゴトー
コントローラー : 2vol 2tone
塗装 : ウレタン
価格 : 12万円
カテゴリー : エレクトリック - ソリッド


0 コレクター
 

このアイテムをコレクションしますか?


0 コメント
 

このアイテムにコメントしますか?

コメントするにはログインが必要です。

 

関連エントリー

prev next