RY Guitar/ジャズマスタータイプ

 
オーナー: Shin
 
Shin

2020.7.14:一本全く違うものをオーダーしてるのですが、ネックとボディの余り物もいくつかあるとの話で見せてもらったなかから選んで組んでもらったものが先に上がってきました(笑)
AC6をジャズマスター要素に振ってシンプルにしたイメージに最近流行りのフェードカラーで仕上げてもらいました。
配線作業は導電塗料の処理以外は自分で行うことと、部品のほとんどを持ち込んだ分かなり安くしてもらいました。
手持ちでずっと余ってたVS-100Gに合わせる形でブラックパーツにしてますが、ボディカラー的にクロームとパーチメントカラーのPUカバーがよかったかも…
ボディエンドのストラップピン位置は床に置いても倒れにくいよう上にずらして付けてもらいました。
ヘッドロゴも本来とは違う位置に指定してます。
この形にピックガードがないとジムルートモデルを彷彿させるような違和感があるので近々作ってもらおうと思ってます。
2020.11.15:Altero Custom Guitarsさんにてオリジナル形状でのピックガード製作と、トグルスイッチを新たに上のホーン側に付けるザグリの追加及び導電塗料処理、5・6弦にテンションピンを追加してもらいました。
PUセレクターの位置が使いにくかったので上に移動してますが、配線を通す穴がかなりギリギリでフロントPUの高さ調整も許容範囲ではあるものの下げれる限界が少し減ってしまった気がします。
元のトグルスイッチはトーンのバイパススイッチにしました。
ピックガードデザインは本来の物だと今のコントロール穴の位置とのバランスが取れないのでテレキャスのように縦に切れるデザインにしました。
巻き弦がナットとペグの間で共振していた問題もテンションピンで解決してます。
1・2弦用のではテンションがかなり掛かりいつか吹っ飛ぶと思ったので3・4弦用の高さを選びました。
リバースヘッドながらもブリッジとロックペグも相まってかアームを使ってもチューニングは安定していてまさに現代的スペックだと思います。
使いやすさもですがやはり見た目がピックガードあるだけでかなり印象が変わり違和感もなくなって作ってよかったと思えるギターになりました。

 


ブランド : RY Guitar
タイプ : ジャズマスタータイプ
製造年 : 2020
生産国 : USA製造→日本組み込み
サウンドの特徴 : 導電処理をしっかりしてるのもあってかノイズがかなり少ない方に思います。
ヴィンテージのは1MΩのVolなのでそれに比べれば250kΩを選んでることもありギラギラ感はさほどないかと。
ボディ材 : Alder
ネック材 : BIRDS EYE MAPLE
指板材 : BIRDS EYE MAPLE
ペグ : GOTOH SG360-07-MG
フレット : 22(#6150 Stainless Steel)
スケール : Long
ピックアップ : Seymour Duncan ANTIQUITY II
コントローラー : 1Vol,1Tone,3way toggle SW,
ブリッジ : GOTOH VS100G
カテゴリー : エレクトリック - ソリッド


0 コレクター
 

このアイテムをコレクションしますか?


0 コメント
 

このアイテムにコメントしますか?

コメントするにはログインが必要です。

 

関連エントリー

prev next