FENDER Michiya Haruhata Stratocaster Trans Pink

 
オーナー: Shin
 
Shin

2020.11.20:先月に発売されてからしばらく様子見ながら購入を検討してました。
購入日時点で一番割引や還元のある店舗にあった表にまだ出てなかったストックの一本を選びました。
トップの木目の出方やバックのアッシュの節だったり継ぎ目の位置だったり重さの違いにも個体差をかなり感じてたので、見た目も含め満足いく個体があって良かったです。
前回のモデルはローズ指板だっただけが購入断念の理由だったので今回のモデルはかなり理想的です。
2020.12.16:色々気になってたことの検証と自分の使いやすい仕様にカスタムしました。
ブリッジと指板のRズレ軽減のためサドルの下に2・5弦は0.1mm、3・4弦には0.2mmのスペーサーを入れて前より3・4弦だけ弦高低い違和感が軽減できて弾きやすくなりました。
ついてたポットの抵抗測ったら全て250kΩでトーンコンデンサもシングル用でした。
Master Volume,Center PU Volume,Master Tone(Push&Push with Front PU Mix ON/OFF),の仕様よりもシンプルに組み直し、普通のストラトとコントロールは同じ1Vol,2Tone,でリアPUはトーンバイパスにしてみました。
Volとノブ真ん中のフロントトーンは500kΩに交換し、コンデンサもハム用にしたのとストックしてたPush/Pullのスイッチポットにしてちょっと操作しづらいですがフロントPUのコイルタップをつけました。
センタートーンは純正のスイッチポットのままフロントPUMixのON/OFF機能も残してます。
なので元々のコントロールの並びからスイッチの機能が真ん中にも追加してます。
前後のハムはIbanez式のオートタップ配線でどちらも黒のボビンのコイルが有効になります。
トレモロスプリングがなぜかGOTOHの純正付属のものではなくハンガーが09-42ながら締め込めるギリギリだったので、純正の黒いパワースプリング3本掛けに交換してかなり締め込める余裕が確保できました。
特徴的だった大きいメタルノブから、HATA製のメモリ付きハットタイプに換えて重さも結構軽くなってます。
ジョイントもヒールレスがないのでHATA製のチタンプレートに換えました。
エンドピンにはクッション材を追加してます。
シグネチャーながら細かいところでのカスタムでかなり出音も本来のものに仕上げれたと思います。
2021.1.18:HATAノブからPG製作に伴い純正よりちょっと小さいメタルノブに交換しました。

 


ブランド : FENDER
モデル名 : Michiya Haruhata Stratocaster Trans Pink
製造年 : 2020
生産国 : 日本
サウンドの特徴 : リアはトーンバイパスになったのもあってかかなりエッジの効いた本来のFREDのキャラクターが出た音になりました。
テキスペはダイレクトマウントなのが要因なのか結構高さをギリギリに上げてても自分の持ってる印象の音より少し丸く感じます。
ボディ材 : Flame Maple Top/Ash Back(3P)
ネック材 : Maple
指板材 : Maple
ペグ : クルーソンタイプ
フレット : 22
スケール : Long
ピックアップ : F:DiMarzio DP193F AIR NORTON/C:FENDER CUSTOM SHOP TEXAS SPECIAL SINGLE-COIL STRAT/R:DiMarzio DP153F FRED
コントローラー : Master Volume,Center PU Volume,Master Tone(Push&Push with Front PU Mix ON/OFF), 5way Lever SW
ブリッジ : Gotoh 1996T
カテゴリー : エレクトリック - ソリッド


0 コレクター
 

このアイテムをコレクションしますか?


0 コメント
 

このアイテムにコメントしますか?

コメントするにはログインが必要です。

 

関連エントリー

prev next