RY Guitar/オーダーテレキャスタイプ

 
オーナー: Shin
 
Shin

2021.10.21:今回は自分でWarmothでオーダーしたボディとショーケースにあったネックを元に組んでもらいました。
テレキャス用ネックはグレードの高いものも結構在庫であり、ボディはオーダーならではな仕様にしたかった結果です。
昔の国産ギターの廉価モデルに6点止めトレモロにコントロールプレート仕様のこんなモデルがあり、デザインが好みだったのとちょうどこのブリッジが余ってたのでこんな仕様になりました。
バックコンター・エルボーカット・ヒールレスカットを施し、セレクターも角度付きでストラトライクな弾き心地です。
ただ弦間ピッチが広いのでステンレスフレットも相まって少し弦落ちしやすくも感じます。
トーンノブがあるとブリッジベタ付け状態ではアームが付けれなかったのでミニスイッチにしました。
セレクターも今回初の試みで4way(2回路4接点)を採用し、ブリッジハム→前後ハムmix→前後コイルタップmix→フロントハムの配線にしてSuhrのスーパースイッチ2Hレイアウトをちょっと簡略化したイメージです。
ただ構造的にどうしても各ポジションに切り替える間で接点が切れるので、操作した時にノイズが入ってしまいます。
ミニスイッチはコイルタップmixのポジションでリアPUをOFFにしてフロントのコイルタップのみのサウンドにできます。
Volにハイパスコンデンサを噛ませてるので絞ってもクランチサウンドになりテレキャス気分になれるようにしたつもりです。
ストラップピンはシェクターにもあるボディエンドに2つの仕様で、壁に立て掛ける場面での安定性とギターを構えるポジション変更をしやすくしてます。
ペグはロック式ですがゲージ変更しても共振が起きないようにする対策目的でストリングガイドは2つ付けてます。
普段トレモロのあるギターはフローティングにセットアップしてますが、今回はチューニング変更も容易にできてアームも使えるギターがコンセプトだったので想像通りに仕上がりました。
カラーはアンバー系のイメージで一枚目が実物のボディカラーに近いです。
2021.11.21:ブリッジをVSVGに交換しました。
アームがノブに干渉しなくなったのでミニスイッチからスイッチポットでトーンも効くようにしました。
テンションピンの効果も確かめるため弦は09-42ゲージでセットアップしてみました。
チューニングも安定してアーミングもしやすくなり交換して良かったです。

 


ブランド : RY Guitar
製造年 : 2021
生産国 : USA製造→日本組み込み
サウンドの特徴 : ダイレクトマウントのPUでこのボディ材ですが、アッシュやアルダー程の刺々しさはなくマホほど丸みもないのですが音のレンジは広く感じます。
ブリッジを替えてハーフトーンのサウンドはよりテレキャスサウンドに寄せれたと思います。
ボディ材 : BLACK KORINA
ネック材 : BIRDS EYE MAPLE
指板材 : BIRDS EYE MAPLE(貼り)
ペグ : GOTOH SG360-05-MG
フレット : 22(#6100 Stainless Steel)
スケール : Long
ピックアップ : DiMarzio F:DP192 Air Norton/R:DP155F TONE ZONE
コントローラー : 1Vol,4way Lever SW,Mini SW,
ブリッジ : GOTOH VSVG
塗装 : ポリウレタン
カテゴリー : エレクトリック - ソリッド


0 コレクター
 

このアイテムをコレクションしますか?


0 コメント
 

このアイテムにコメントしますか?

コメントするにはログインが必要です。

 

関連エントリー

prev next